3Dプリンタ

3DプリンタにはFDM(熱溶融積層方式)、インクジェット方式、光造形方式、粉末造形方式と様々な種類があります。それぞれ一長一短であり、用途によって使い分ける必要があります。

弊社では精度が高く強度もあり、試作に最適な「光造形方式」を主に取り扱っています。

特長

  • 低コスト
  • 短納期
  • アンダーカットのある形状が一体で製作可能
  • 磨けば表面処理可能

光造形の原理

  1. CADやCT/MRIの測定データから3次元モデルを作成します。
  2. 立体データをSTLフォーマットに変換し、指定された厚さごとの断面データを作成します。
  3. 断面データに基づき、レーザを液状の光硬化性樹脂の表面に走査します。レーザが照射された部分のみ硬化し、テーブル上に一層分の断面形状が形成されます。
  4. テーブルを一層ごと降下し、樹脂を塗布してレーザ照射する工程の繰り返しにより各断面形状が積層され、モデルを形成していきます。
  5. 3次元モデルが完成、最後にテーブルが上昇しモデルを取り出します。

引用元:光造形の原理|シーメット株式会社

材質

グレード 用途 造形可能サイズ
通常グレード 一般的な部品全般 610×610×500(mm) 淡白色透明
高透明グレード 透明レンズなど透明度が必要な部品 610×610×500(mm) 高透明
高靭性グレード 強度が必要な部品全般 450×450×300(mm) 淡白色透明

製作事例