テープ固定アルミ切削加工

樹脂加工を応用して、アルミ板材をクランプせずに両面テープ固定で切削加工。3次元曲面も加工できます。

こんなお客様に最適

  • 薄い・小さいなどの理由で固定できないと断られた
  • 形状的に掴む場所がなく固定できないと断られた
  • 板金では精度や品質が悪く要求を満たせない
  • 3次元曲面の加工

おすすめポイント

クランプ固定できない製品の加工

通常切削加工する場合、マシニングセンタのベッドに材料をクランプして固定します。ただ製品が薄い、小さいなど形状によっては固定が困難になり加工できません。リバースでは樹脂加工を応用し、両面テープで材料を固定します。そのため今まで固定できなかった形状も加工可能にしました。

高精度

マシニングセンタによる切削加工で高精度に部品を製作。通常で±0.1mm程度の加工精度。寸法公差が必要な部分は±0.05mm程度まで対応可能。

短納期

金型を作る必要がないため、すぐに加工に入れます。小ロットであれば約1週間で対応できる事が多いです。

制作事例