リバースの特徴

試作・小ロットに特化した製造サービス

創業から20年以上メーカーの開発パートナーとして試作・小ロット生産を行ってきました。ジャンルも様々で家電、自動車、航空、住宅機器、医療と幅広く対応しています。試作は製造方法が多くあり、部品の用途や形状によって最適な方法を選択しなければなりません。リバースでは蓄積したノウハウを強みに、お客様に最適なプランを提案できます。

リバースが重視している「速・頼・楽・新」

速:小回りが利いて対応が速い

製品開発の現場はいつでも「スピード」が求められています。製造期間の短縮はもちろん、製造前の打ち合わせや見積りのスピードにも力を入れています。それらすべてが結果としてリードタイムに直結するためです。

リバースはお客様の貴重な時間を無駄にしないよう、1日でも試作スケジュールを短縮する事を目指します。

頼:経験豊富で頼れるパートナー

試作の成否を分けるのは多くの製造方法から最適なプランを選択できるかどうか。用途、材質、ロット数、精度、仕上り、納期などをすべて考慮した上でプランを作成するには、試作を熟知しノウハウを持った経験者が必要です。

最近では3Dプリンターの開発が進み、3Dプリンターだけで何種類もの製造方法ができていますから。プランによって試作の質とコストは大きく変わります。試作のプロがいるリバースにお任せください。

楽:あれもこれもリバースで作れます

購買担当者にとって発注先が多いほど管理の手間が増えます。リバースは独自の試作ネットワークで切削、板金、注型、ゴム、3Dプリンター、塗装、印刷、射出成形など幅広く対応する事が可能。細かいものではネジやバネ、既成部品まで。

協力工場で製作した部品についても、当社が品質管理を行い責任を持ちますので安心してください。発注はリバースにまとめて購買をシンプルにし、生産性を上げましょう。

新:ITを積極的に活用

生産性向上と業務改善のためITを積極的に導入。社内の販売管理と生産管理にはFileMakerで構築した独自システムを採用。見積りから受注、工場への部品手配、進捗情報、各種伝票の発行まで1つのシステム上で業務が行えます。

ペーパーレスも進めており、保管図面と加工指示書のPDF化を実施し保管スペースを削減。効率UPには貪欲に。